2006年03月09日

影響の輪について

自分の中には、「影響の輪」という考え方があります。

影響の輪とは、その人が回りに与える影響範囲のことです。

たとえば、自分が会社をやめて独立するとか、何か新しいコミュニティーを作るとか、

色々なアクションに対して、影響される人たちがどの位いるのかををよく考えます。

例えば、自分の独立起業についてきてくれる人がどれくらいいるかとか、

影響されて独立する人がどの位いるかとか、

もちろん、この大きさによって人の上下を定義付けるつもりはありませんが、

より広い世界に影響を与える人は、それなりの人なのだと思います。

政治家などは、多くの人に影響を与える仕事ですよね。

自分の周りにも影響の輪が大きい人が何人かいます。

もちろん皆、良い影響を与える人ばかりです。

自分も少しずつ影響の輪を広げていければ、自分もさらに成長すると思っています。
posted by Eric at 08:48| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Ericさま
私も良い影響を与えられる人間でありたいと思っています。
でも、それは、あくまで受け止める人の問題ですから、
難しいですね。
自分はやるべきことをひたすらコツコツ進めていくしかないのでしょうかね?
周りへの感謝の気持ちを忘れずに持ちつつ…
ちなみに…
銀座の店で
「お前はいつ来てもトイレの100Wの電球みたいに明るいなぁ…」
って言われるのはどーでしょーかねぇ…
…つまり…無駄に明るい…ってことなんですけど…
(-_-;)
Posted by けぇこ at 2006年03月09日 09:51
けぇこさん、
明るさに無駄はないですよ(笑)
最近仕事漬けの自分に明るさをください。
Posted by Eric at 2006年03月11日 00:27
Eric ついていきますよー。どこまでも欽ちゃん走りで。
Posted by A at 2006年03月17日 12:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。